So-net無料ブログ作成

バガテル〔葵美術〕 [【株式会社葵美術】イレーヌ・メイヤー]



こんにちは株式会社葵美術です。

今日株式会社葵美術がご紹介する作品はこちら!

イレーヌ・メイヤー/バガテル



アーティスト イレーヌ・メイヤー

タイトル    バガテル



コメント

 "バガデル(フランス語で道化師の意味)"は、手品、幻想、魔法の呪文を使える男性です。彼はキャディーボンボンの光るタワーや、完璧な円を描いたシルクの浮き島を自由自在に回すことができます。風向きや潮の流れさえも操ることができます。白鳥や動物達に一緒に付き添わせ、自分の魔法を披露しています。彼は美しいものを作りたいと思っていますが、ただその行為だけに呪文を唱えているのではありません。彼の寂しさを鎮めるために、夢見る女性に魔法をかけようとしますが彼女にはまだ手が届かないのです・・・バガデルは英語で玉突きの意味や、ささいな事柄といった意味も含まれるのですが、私の作品はそのような色々なものも背景にある、意味深いものなのです。



(C)株式会社葵美術





秋【葵美術】 [【株式会社葵美術】ニッサン・インゲル]



こんにちは株式会社葵美術です。

今日株式会社葵美術がご紹介する作品はこちら!

ニッサン・インゲル/秋



アーティスト ニッサン・インゲル

タイトル   



コメント

" ビバルディ【イタリアの作曲家:1678-1741】の代表作の「四季」という作品からインスピレーションを受け、想像力を膨らませてこの作品を制作しました。  これらの作品に於いて、下塗りの準備は制作の最も大切な段階です。下塗りは大切なだけに、何度も修正したりします。まるで、雲が見る人によって異なる印象を与えるかのように、この下地は、見る人によって、または見る度に見方が変わります。私は、この下地を少し彫り刻んだり、下地の上で幾何学的な構造をしたり、植物的モチーフの素描をしたり、楽譜の一部をちぎってコラージュしたりします。  こうして、私達はビバルディの『四季』という音楽を私の作品の中から感じていただけると思っています。

"

(C)株式会社葵美術





哀愁のゴンドラ〔葵美術〕 [【株式会社葵美術】ミッシェル・バテュ]



こんにちは株式会社葵美術です。

今日株式会社葵美術がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/哀愁のゴンドラ



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    哀愁のゴンドラ



コメント

空がピンク色に染まり、ベニスの素晴らしい街並みを彩ります。穏やかな波につられながら水の上にたたずんでいる2艘のゴンドラは、ベニスの街の美しさをより一層高めています。夏の暑い夜に打ち寄せる波の音は、より幻想的な世界へと導きます。魔法をかけたような街の美しさは失われることなく、永遠に続いて欲しいと思います。



(C)株式会社葵美術




天と地の共鳴〔葵美術〕 [【株式会社葵美術】デイル・ターブッシュ]



こんにちは株式会社葵美術です。

今日株式会社葵美術がご紹介する作品はこちら!

デイル・ターブッシュ/天と地の共鳴



アーティスト デイル・ターブッシュ

タイトル    天と地の共鳴



コメント

" 私が絵を描く時、常々情熱と冷静の2つを一緒に表そうと試みています。 この燃え立つような情熱と、情熱に押し流されない様にする冷静さ、相対する両者のバランスは私達の心のあり方で大切な事であり、自然界の摂理としても同様だと思います。 この作品では、そんな相対する両側面を表現しました。 (Dale TerBush's creation comment)

"

(C)株式会社葵美術




レイディアント ショアーズ〔葵美術〕 [【株式会社葵美術】ラッテンベリー]


こんにちは株式会社葵美術です。

今日株式会社葵美術がご紹介する作品はこちら!

ジョン・ラッテンベリー/レイディアント ショアーズ



アーティスト ジョン・ラッテンベリー

タイトル    レイディアント ショアーズ



コメント

 日没の光に彩られた太平洋の海岸線で波が音を奏でています。この不思議な場所は魂を呼び起こし、人々の心の歓喜を満たします。ここは永遠の美しさが存在する場所です。



(C)葵美術





ドリームホーム〔葵美術〕 [【株式会社葵美術】キモ]



こんにちは株式会社葵美術です。

今日株式会社葵美術がご紹介する作品はこちら!

キモ/KIMO/ドリームホーム



アーティスト キモ/KIMO

タイトル    ドリームホーム



コメント

 それは、中央のオレンジ色の太陽から広がるピンクと濃紺のコントラストが信じられないほど美しい光景でした。揺らめく波に反射した光の筋がきらきらと輝き、まるでどこまでも続いているかのようです。暗闇が迫る夕暮れ時、対岸の家に明りが灯りました。黄色味を帯びたその光は、切ない夕暮れ時の温かなアクセントになります。私の心に穏やかな気持ちが流れた瞬間でした。この夢のように美しい景色を独り占めできるあの家には、いったいどんな暮らしがあるのでしょうか。毎日違うドラマを、この空と海は見せてくれるのでしょう。さまざまな夢が繰り広げられる家、それがドリームホームなのです。



(C)株式会社葵美術




自由尊重〔葵美術〕 [【株式会社葵美術】マーティロ・マヌキアン]



こんにちは株式会社葵美術です。

今日株式会社葵美術がご紹介する作品はこちら!

マーティロ・マヌキアン/自由尊重



アーティスト マーティロ・マヌキアン

タイトル    自由尊重



コメント

神が織りなす、きらめくシルクのような織物を書いた作品。



(C)株式会社葵美術




デジャヴー【葵美術】 [【株式会社葵美術】イレーヌ・メイヤー]



こんにちは株式会社葵美術です。

今日株式会社葵美術がご紹介する作品はこちら!

イレーヌ・メイヤー/デジャヴー



アーティスト イレーヌ・メイヤー

タイトル    デジャヴー



コメント

私が以前住んでいたシアトルの夏は非常に不快なものでした。あの高温多湿な環境で絵を描くと言うことは、画家として意志の強さを試されているようなものでした。ある夏、私は涼しさを求めて雪の絵を描き始めました。その時、雪と氷だけでは面白くないと思ったので、ペンギン達を加えることにしました。"デジャヴー"と言うのは、目にしている物が以前見たことがある様に思えるということを意味しています。卵の中の宇宙としてのペンギンの外側は「創造」と「誕生」を意味しています。



(C)葵美術





冬〔葵美術〕 [【株式会社葵美術】ニッサン・インゲル]



こんにちは株式会社葵美術です。

今日株式会社葵美術がご紹介する作品はこちら!

ニッサン・インゲル/冬



アーティスト ニッサン・インゲル

タイトル   



コメント

" ビバルディ【イタリアの作曲家:1678-1741】の代表作の「四季」という作品からインスピレーションを受け、想像力を膨らませてこの作品を制作しました。  これらの作品に於いて、下塗りの準備は制作の最も大切な段階です。下塗りは大切なだけに、何度も修正したりします。まるで、雲が見る人によって異なる印象を与えるかのように、この下地は、見る人によって、または見る度に見方が変わります。私は、この下地を少し彫り刻んだり、下地の上で幾何学的な構造をしたり、植物的モチーフの素描をしたり、楽譜の一部をちぎってコラージュしたりします。  こうして、私達はビバルディの『四季』という音楽を私の作品の中から感じていただけると思っています。

"

(C)葵美術





夕凪の浜辺〔葵美術〕 [【株式会社葵美術】ミッシェル・バテュ]



こんにちは株式会社葵美術です。

今日株式会社葵美術がご紹介する作品はこちら!

ミッシェル・バテュ/夕凪の浜辺



アーティスト ミッシェル・バテュ

タイトル    夕凪の浜辺



コメント

夜が訪れる少し前の空には、まだ日の光が残っており、満月の明かりと共に光のコントラストをなしています。そのコントラストをなした美しい空を眺めていると、全てのものから解放され、幸せな気分になれるのです。それはほんのつかの間の風景で、私にとってこれは一日の終了のサインでもあるのです。



(C)葵美術





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。